長期間の立位または座った後の脚の痛み:懸念?

新しく永続的な痛みは、評価のために医師の診察を必ず受けなければなりません。脚の痛みには多くの原因がありますが、長時間立ったり座ったりした後の痛みの説明は、脚の静脈に静脈の詰まりが起こる可能性を示唆しています(静脈鬱血)。

静脈鬱血は、足の静脈の弁が正常に機能しておらず、血液が足から心まで効率的に動かない場合に発生します。代わりに、足と足に血液がたまり、痛みや腫れが起こります。痛みは、典型的には、主にふくらはぎの中で、灼熱感または痙攣感覚として説明される。

静脈(静脈炎)の過去の炎症は、弁を損傷し、静脈鬱血を引き起こす可能性がある。脚の静脈にある弁の機能が悪いと、静脈瘤 – 皮膚の真下にある膨張した静脈にも寄与します。静脈瘤もまた静脈鬱血につながる可能性があります。

膝の高い支持ホースを着用することは、足の体液蓄積に伴う不快感を和らげる試みに値する可能性がある。医師に勧告を依頼してください。